コピー機の保守契約

コピー機の保守契約

コピー機を導入した場合、業者と保守契約を結びます。
ここでは、その契約内容について紹介します。

・カウンター契約
コピーを1枚とるごとに料金が発生します。
毎月、一定の枚数以上、コピーを取るオフィスに適した契約となっています。
また、定期的にメンテナンスを行ってくれ、故障時には、電話をかければすぐに駆けつけてもらえます。
大体、5年ごとの契約となります。
毎月、一定枚数以上平均して出力される方(500~1000枚程度以上)におすすめです。

・コピーキット契約
コピー機が古くなり、頻繁に修理が必要な場合にお得な契約となっています。
メンテナンス費用には、トナー・パーツの費用、修理費、出張費など全ての費用が含まれています。
この契約は一般に割高に感じることが多いようです。
毎月のコピー枚数が一定でない場合におすすめします。

・年間保守契約
定期的にメンテナンスのために訪れてくることもありますが、基本的に故障があった場合に電話で修理を依頼します。
ただし、トナーは自分たちで購入しなければなりません。

・スポット契約
コピー機をあまり使用しない場合におすすめの契約内容で、修理代やパーツ費用はその都度支払います。
意外と費用が高くつきますので、事前に、部品代、修理費、出張費用を確認しておくようにしてください。

    Copyright(C) コピー機を選ぶ時は All Rights Reserved.