コピー機をリースするメリット

コピー機をリースするメリット

オフィスでコピー機を導入する際には、リース契約を結ぶケースが多いと思います。
では、リースすることではどのようなメリットがあるのでしょうか。

特に、立ち上げたばかりのオフィスの場合、コピー機にそれほど予算を充てられないと思います。
しかし、リースであれば、コピー機を導入する際にまとまったお金は必要なく、毎月のリース料金を支払うだけになります。
そのため、機器導入のための初期費用を抑えることができ、浮いた分を他のものに使用することができます。

また、リースの場合、毎月のリース料金を経費として処理できますので、税法上のメリットが得られます。

それから、コピー機だけに合立てはまることではありませんが、機器というものは頻繁にモデルチェンジが行われ、次から次へと最新の設備が整った機器がリリースされています。
そのため、リース契約が切れるごとに新機種を導入することが可能です。

大型の機器を購入すると、資産の記帳、減価償却、固定資産税の申告、保険料の支払いなど、面倒な事務処理が多数発生しますが、これらはリース会社で行うため、事務処理も効率化できます。

そして、最後に大型の機器を処分する際には、手間や費用が掛かりますが、リースの場合は、リース会社で責任を持って処分してもらえます。

    Copyright(C) コピー機を選ぶ時は All Rights Reserved.