コピー機の種類

コピー機の種類

ひとくちにコピー機といっても様々な種類のものがあります。
皆さんもご存知のように、コピー機のほとんどは、拡大や縮小コピーが可能で、用紙のサイズも変えられます。
また、コピー機には乾式と湿式の2種類があり、現在は乾式が主流となっています。
そして、近年は、カラーコピーの需要も増えています。

コピー機には、コピー機能のみが備わったものと、FAX、プリンター、スキャナなど、複数の機能が搭載された複合機があります。
現在、オフィスの多くで用いられているのは複合機です。
複数の機能を持つ複合機を設置することで、それぞれを単体で設置する場合に比べて、オフィスの省スペース化を図れるという理由で、複合機が選ばれています。

そして、コピー機やプリンターの印刷方式はインクジェット方式とレーザー方式に分けることができます。
インクジェット方式は、インクを用紙に飛ばしながら印刷をしていくもので、家庭用のコピー機やプリンターで採用されています。
一方、レーザー方式は熱でトナーを用紙に定着することで、印刷する方法となっています。レーザー方式のコピー機の方が、短時間にたくさんの枚数をコピーできます。
そのため、レーザー方式のコピー機は価格も高めになりますが、オフィスに適したタイプとなっています。

    Copyright(C) コピー機を選ぶ時は All Rights Reserved.