コピー機設置までの流れ

コピー機設置までの流れ

コピー機をリースした場合、どのような流れで設置されるのでしょうか?

コピー機を導入しようと決めたのであれば、複数の業者に見積もりを取ります。
毎月のコピー機の使用頻度、使用する人数などを入力し見積もりを出します。
そして、業者が提示した見積もり見て、サービス内容を比較検討します。

もし、業者を決めたのであれば、業者に連絡し、詳細について打ち合わせをします。
この時、業者ではオフィスの状況をヒアリングし最も適した機種を提案してくれます。
そして、納得できる回答ができれば、仮契約をします。

リース会社では申し込んだからといってすぐに契約できるわけではなく、与信審査を行い、これに通過した場合のみ契約可能となっています。

もし、審査で可決されたのであれば、希望の機種について再確認を行い、正式に契約を結びます。
このとき契約書をしっかり確認し、あいまいな部分は質問をし、十分に納得したうえで署名・捺印するようにしてください。

業者では、納入日を決め、連絡してきます。また、コピー機の設置料金なども必要になりますので、指定の口座に振り込みます。

最後に、業者が指定した日にコピー機が設置され、その月からリース料金を支払うことになります。

    この記事を見た人はこちらも見ています

  • パケット定額や割引になるオプションがしっかりと付いてくるレンタル携帯を考えているなら、来店して申し込んだその日から利用できるので、急遽必要になった場合にも費用を抑えて利用が出来るのでオススメです。

Copyright(C) コピー機を選ぶ時は All Rights Reserved.