コピー機と複合機の違い

コピー機と複合機の違い

近年のオフィスでは、コピー機を単体で導入するよりも、複合機を選ぶケースが多くなっています。
ところで、コピー機と複合機のどちらを選んだ方が良いのでしょうか。

コピー機は、書類などのコピーすることだけが可能な機器です。
そして、複合機は、コピー機だけではなく、プリンター、FAX、スキャナーなどさまざまな機能も搭載されています。
そして、近年は、コピーといっても白黒コピーだけではなく、カラーコピーにも対応した機器もあります。

企業では、大型のコピー機にプリンター、スキャナー、ファックスが搭載されたものを導入しているところが多くなっています。
というのも、これらの機器を1台ずつ導入することを考えると、省スペースになるし、電気代も節約でき、さらに、機器の導入費用も安く抑えられるなどといったメリットがあるためです。
ただし、複合機を導入した場合、故障してしまうと、どの機能も使えなくなり、業務がストップしてしまうという危険性もあります。
また、コピーやプリンターを使用することが多いオフィスであると、大勢の人が一斉に複合機を使用して、コピーを取りたいときに使えないということもあります。
そのため、コピー枚数が多いオフィスでは、コピー機を単体で導入するところもあります。

    Copyright(C) コピー機を選ぶ時は All Rights Reserved.