購入するか、借りるか?

購入するか、借りるか?

コピー機を導入するにあたっては、新品を購入した方が良いのか、中古でも大丈夫であるのか、あるいは、レンタルやリースした方がお得であるのか、迷ってしまうのではないでしょうか。
特に、性能の良いコピー機は新品で買うとかなり高額になりますので、初期費用が掛かってしまいます。

もし、予算の関係でコピー機を購入することが難しいのであれば、レンタルやリースという選択肢があります。
レンタルは、コピー機を短期間貸し出すことです。
レンタルは1ヶ月単位の短期間の契約ができ、途中解約も可能となっています。
ただし、レンタル業者にある中古品を貸し出すことが多く、新機種は期待できません。
リースは、リース会社がコピー機の所有権を有し、ユーザーに使用権と占有権を決められた期間だけ譲ることです。
リースは、3?5年の長期契約が原則となっています。リース料金は経済事情によって変動することはありませんし、新機種を借りられることが多くなっています。
ただし、途中解約は不可となっており、保守費用などで、購入する場合に比べて高くつくこともあります。
レンタルもリースも経費処理が可能であるというメリットがあります。

実際に長期間リースするのであれば、購入した方が安く上がりますが、購入した場合、会社の資産として扱わなければならないため、経費処理ができないというデメリットがあります。

    Copyright(C) コピー機を選ぶ時は All Rights Reserved.